ミッドナイトブリス劇場001 ギース・ハワード

「ふふふ…何者か知らんが、今はハロウィンではないぞ。滑稽な扮装だ」

「貴様人間にしては中々のオーラを持っているな」
「無礼な口のききかたは勘弁してやる。このサウスタウンの帝王の前から消えうせるがいい。君にはコミックショーがふさわしい」
「ふ…それなら試してみるか?」
「愚かな…叩きのめしてくれる!烈風拳!」
「そう来なくてはな!ミッドナイトブリス!!」

*******

「…?何だ?一体…何が起こった?…っ!?」
「お目覚めかなレディ」
「な…貴様…さっきの…こ、これは…どうなってる!?」
IMG_0125.JPG
イラスト:叙火さん

「見ての通り。この私のミッドナイトブリスが決まったところだ。良く似あっているよ。どうかな私のドレスの見立ては」
「そ…そんな…こんな馬鹿なことが…」
「女の身体になった感想はどうかな?サウスタウンの帝王くん?いや、今は女王かな。いや、“お姫さま”がいいか…?」
「き、貴様ぁ!戻せ!すぐに戻すんだ!!」
「それはお前次第だ。折角豪華な部屋を準備したんだから…楽しませてくれよ」
「お、おい…まさかお前…な、何を考えてるんだ!よ、よせ!やめろ!やめ…あっ!や…め…やめ…てえっ!!あっ!ああああぁぁぁ~っ!!」

つづく

この記事へのコメント

PCゲーム、PCソフトのダウンロードショップ - DLsite Soft