TSショートショート 008 恐怖!被害者を女子高生にして襲う辻斬り!

「おい!大人しくしろ!」
20160222009-3.jpg
20160222009-4.jpg
 眼を血走らせた男がナイフをちらつかせる。

 何日も洗濯していない様に見えるジーンズは汚れきっており、顔中は無精ひげで覆われ、髪の毛もくたびれたワカメの束の様である。

 うらぶれた場末の裏道をうろつくには似つかわしくない、スーツで決めたサラリーマン風の男性が振り返る。

「…何だね君は…」

 まったく動じていない。

「!?…か、金を出せ」

「出したくないが」

「い、命が惜しくねえのか!?」

  ふう、とため息をつくとメガネのツルの中央を押し上げるサラリーマン風の男。

「そんなにブルブル震えてちゃ相手を傷つけることなど出来まい。全く怖くないね」

 すると、浮浪者風の男は猫背だった姿勢を元に戻した。

「…?」

 訝(いぶか)しむサラリーマン。

「いや失礼。どうやら人違いの様だ」

「…あなたは…?」

「こんな身なりですが、警察官ですよ」

「はあ」

 うってかわって理知的な口調に戻っている。

「この所この時間帯に辻斬り事件が多発してましてね」

「辻斬り…ですか」

「ええ。しかも襲われるのは決まって女子高生ばかりなんです」

「それは大変ですな」

「ただ…奇妙なことが」

「私の様な民間人が聞いてしまっても構わないんですか?」

「問題ありませんよ。その女子高生たち…制服は勿論、通学かばんや靴、年頃の女の子が身に着けていそうなアクセサリーや生徒手帳に至るまで…全て揃っているのに、身分が特定できないんですよ」

「すいません。おっしゃってる意味が良く分からないんですが…」

「状況証拠からだけ見るなら、彼女たちは突如煙の様にこの世にあらわれたことになる」

「まるでオカルトですな」

「いやはや全く…。しかも…この地域の女子高生は一人も行方不明になってない」

「すいませんが、私も帰宅を急いでいますので」

「その件なんですが…署までご同行頂きたい」

 浮浪者が警察官の顔を見せた。

「突然なんです?」

「いや、ご協力いただきたいだけです」

「職務質問ですか?」

「いや、任意同行です」

「…どうして私が?」

「こんな真夜中にうろついていること、ナイフを見ても一切動揺しない気性、そして…数少ない目撃証言と一致するんですよ」

「私が辻斬りだと?」

「お話を聞かせて頂きたいだけです」

「お帰り下さい。私も帰りますから」

「そういう訳にはいかねえんだよ!」

 大きな声だった。

 ため息をつくサラリーマン。

「どうしても?」

「どうしてもだ」

「…仕方がない。警告は与えましたからね」

「何の話だ?」

「お胸をご覧になって下さい」

「…?何を…あああああっ!」

 そこには薄いブルーのシャツに、クリーム色のベスト、チェック柄のネクタイが小ぶりな乳房を覆っていた。

20160222009-2.jpg

「な、何だこりゃあああ!!」

 いつの間にか学生かばんが肩から掛けられ、手には傘まで持っている。

「ついでにお脚もどうぞ」

「…ってええええええぇぇぇあああぁぁぁあ!?!?」

20160222009-3.jpg

 意識すると同時に素脚が空気にさらされた…気がした。

 柔らかなベストの下の下半身は、パンティ一枚のみで全て…いや、靴下から先は覆われていたが…空気にさらされていた。

 のみならず、ふとももの真ん中までむき出しになっている。

 これは…す、スカートじゃないかぁっ!!

「ふむ…やはり可愛いな。制服マジックってところか」

「き、貴様ぁっ!」

 甲高く可愛らしい声だった。

 声を張ったことでアンダーバストを締め付けるブラジャーが身体に食い込むのが感じられる。

 これだけ強烈に束縛されていながら、下半身は無防備なほど解放されている。

 なんてアンバランスな恰好なんだっ!

 自らの変わり果てた身体を見下ろす。

「ば、バカな…」

20160222009-1.jpg

 “オレの身体が女子高生に…せ、制服…まで…”とまでは続けて発音できなかった。

 ぶわり!と風が舞い、ただでさえ寒かった下半身に風が吹きこんできた。

「きゃああああああああーっ!!」

 傘を放り出し、“女子高生”は舞い上がるスカートを必死に押さえつけた。

 純白の布地がサラリーマンの目に焼きつく。彼がスカートをめくりあげたのだ。

「ん~いい声だ。しかもその仕草…なんて可愛らしさだ。さっきまで男だったとは信じられん」

「こ、この…変態野郎…」

「ああそうさ。キミの言う通り」

 にやりと口角を上げるサラリーマン。メガネが鈍く反射する。

「さ、新米女子高生くん…夜は長いよ」

 短いスカートから突き出した細い脚が震えているのは寒いからだけではない。

(END)

この記事へのコメント

PCゲーム、PCソフトのダウンロードショップ - DLsite Soft